日商PC検定

企業が求めているのは実務で役立つパソコンスキル

 現在のビジネスの現場では社員一人一台パソコンを持ち、パソコンを介して日常業務の大半が行われています。しかし、単にパソコンが使えるというだけでは企業において評価は得られなくなっています。

 仕事ができる社員はパソコンやネットワークを効果的・効率的に利活用できる能力を備えています。 こうした仕事力が身につき、ライバルに一歩差をつけることができる資格、それが『日商PC検定』です。

企業実務で必要な『仕事力』が身につく

日商PC検定

 日商PC検定は他のパソコン検定とは異なり、仕事に直結した実践的な技術が学べます。

検定試験は以下の3種類あり、それぞれの試験で1級、2級、3級、Basic(基礎級)のレベルがあります。 ※プレゼン資料作成にはBasicはありません。

文書作成

Microsoft Wordを活用して説得力のある企画書等が作成できる。

データ活用

Microsoft Excelを活用して顧客データや売上データを分析し今後の広報戦略や販売戦略等が作成できる。

プレゼン資料作成

Microsoft PowerPointを活用して得意先に新サービスを提案するプレゼン資料が作成できる。

Please reload

日商PC検定は他の検定とここが違う!!

公的資格の信頼と実績

数あるパソコン関連資格の中でも、商工会議所が実施する公的資格として位置づけられ、企業や教育機関から高い評価と信頼を得ています。

実務能力を証明

企業においてビジネス文書・資料を作成できる能力は不可欠です。資格取得により、パソコン操作力だけではない実務能力が証明されます

ネット試験で随時受験

いつでも受験でき、試験終了後にすぐに合否が分かるので、自分の予定に合わせて短期間に連続して資格取得が可能です。※1級は全国統一日で試験を実施し、合否発表は約1ヶ月後になります。

リーズナブルな受験料

受験料は4,120円(Basic)、5,140円(3級)と、ネット試験としてはりーズナブルな価格設定で、学生や求職者の資格取得を応援します。

就職力がアップ

全国商工会議所会員企業125万社の人材ニーズを踏まえた企業実務に直結した内容により、学習を通じて即戦力となるビジネススキルが得られ、「就職力」がアップします。

プロフェッショナルとしての能力を証明

 「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」のすべてで2級以上に合格した方に、申請に基づき、「日商PCプロフェッショナル認定証」(カード)を交付しています(無料)。本証の取得により、企業実務で求められる高度なIT活用能力をすべて有することが証明されます。

ジョブ・カードへ記載可能

公的な職業能力証明書である「ジョブ・カード」に、取得資格として記載することができます。

習熟度に応じたレベル設定

学習の到達度にあわせて、Basic(基礎級)から1級まで、段階的に資格取得が可能です。ステップ・バイ・ステップで、上位級を目指せます。

Please reload

重要なのはITを使って何をするか

  尚美学園大学 音楽応用学科長 西和彦さん

「ITはあくまで手段であり、重要なことはITの使い方ではなく、それを使って何をするか、何を創り出すかということです」「インターネットを使って情報を収集する、電子メールを使ってコミュニケーションをとる、WindowsであればOfficeのWordやExcelを使って、完成度の高い文書やデータなどを作ることができる、こうしたスキルを高めなければならないということです」

在宅ワークなら日商PC3級は必須

   株式会社キャリア・マム代表 堤香苗さん

 

「在宅ワークの場合は、発注者から信頼されることが特に重要で、在宅で仕事をする方の超えるべきハードルとして日商PC検定3級を挙げています」

「商工会議所が行う検定試験であれば、会員企業が必要とする能力を見るための試験なので、働<側にとっても、仕事を依頼する側にとっても信頼ができます。日商PC検定はネット試験なので、地元のパソコン教室などで受けたい時に受けられるのもいいですね」

日商PC検定試験会場
日商PC検定
マイペースで行きましょうね!

〒116-0014

東京都荒川区東日暮里4丁目34-12 1F

 

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

 

Copyright © 2017 GOOD TIME/スクール All lights Reserved.